1日1杯で効く!? 夏の冷えと疲れ予防

夏こそ摂りたい食べ物とは?

暑い夏は冷えや疲れが起こりやすい
夏は胃腸の働きが悪くなりがちです。それは、エアコンによる自律神経の乱れ、暑さやストレスからくる疲労、さらには冷たいものの摂りすぎが原因。

夏は、胃腸の機能が落ちて食欲も無くなるので、食事を飲み物や麺類で簡単に済ませることが多くなってきます。すると栄養バランスも乱れて、さらに疲れや冷えが悪化。

それと同時に、汗をかくことでビタミン類が普段より消費され不足しがちに。さらに水分を必要以上に摂りすぎることで塩分が不足し、だるさを感じることに……。こうなるともう悪循環です。

暑い夏を元気に過ごすには、どのようなものを食べるといいのでしょうか。悪循環を断ち切るためには、「冷たいものを摂り過ぎない」「栄養バランスを注意する」ことが大切。

そして、冷えと夏バテ予防のために、身近にあっておすすめなのが……。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。