1日の能率UP!すっきり目覚める朝ごはん

1日の能率UP!すっきり目覚める朝ごはん

朝ごはんの重要性が見直されています。朝ごはんを食べない子どもはペーパーテストの成績が悪いという結果が出ました。これは何も子どもだけに限りません。やっぱり大人だって朝ごはんを食べることで仕事の能率があがるのです! 今回は、忙しいからこそしっかり食べたい、すっきり目覚めるための朝ごはんメニューをご紹介します。



朝ごはんは心と体に効く? 4つの効能をチェック!

朝ごはんを食べると仕事の効率がUP!
1日のスタートである朝。気持ちのよい朝を過ごしたいものです。朝にごはんを食べることによって、さまざまなよい効果があります。まずは朝ごはんの効能をみてみましょう!

1.仕事の能率が上がる!
寝ている間は低体温になっています。朝ごはんを食べることにより体温をあげウォームアップ! 脳はブドウ糖をエネルギー源としているので、朝ごはんで炭水化物(糖質)を摂って、脳を働かせると、やる気や集中力が出て仕事も勉強もはかどるはず。
 
2.痩せやすい体を作る!
食事の間隔が開くと、体は「次、いつ食べ物が貰えるか分からないので貯めておこう!」と、体に蓄えようとします。基礎代謝も落ちて太りやすい体に……。体は賢いのです。ダイエットのために食べていない人も多いようですが、そういう人は1日分の摂取カロリーは変えずに朝ごはんを食べたほうが痩せやすくなります。

3.便秘を解消する!
まずは朝ごはんを食べることで生活にリズムをつけることが大切。食事を摂ることで消化器系が刺激されます。朝ごはんを食べた後でトイレに行く習慣をつけるといいですね。

4.栄養バランスがよくなる!
現代人は野菜が慢性的に不足しています。1日欠食すればさらに不足しがちに。栄養バランスが乱れている食生活を長く続けると、体や心に影響を及ぼします。「なんとなくだるい」「疲れやすい」という人は朝ごはんを食べて1日の栄養バランスをよくしてみましょう。


朝ごはんを食べる効果はこんなにたくさんあるのですね。では何を食べたらよいのでしょうか? 朝からお菓子をたっぷり食べて体にいい訳がありません。脳へのエネルギー源は唯一ブドウ糖だけ。ブドウ糖といえば炭水化物(糖質)。朝は米かパンをしっかり食べたいところです。ご飯やパンは太りやすいのと控えている人がいますが、それでは脳は疲労が増すばかり。体重が気になる人は、朝はご飯かパンをしっかり食べて頭を働かせ、逆に夜に減らすようにするといいですね!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。