2つの昼寝方法で疲労回復!

2つの昼寝方法で疲労回復!

昼寝の達人はいつでもどこでも寝れる!
前ページで紹介した理想的な昼寝の方法のポイントをまとめてみました。忙しい人向けの2つの方法です。

□昼食後の15分昼寝!
お昼休みに昼食を食べて5〜30分以内で寝る。同じ時間に寝るようにしよう。
デスクにうつぶせになるか、椅子に座ったまま。リラックスできる姿勢で!

□いつでもどこでも瞬間昼寝!
会議の前、疲れて考えがまとまらないとき、運転に疲れたときなどに5分以内で寝る。
1人になって目を閉じて深呼吸をしたあと、短時間で昼寝をする。
場所はどこでも可能。上級者は立ったままでもできるようになる。




昼寝からの正しい目覚め方!

上手な起き方で昼寝の効果をあげよう!
眠るときと同じぐらい目覚め方も重要。どんよりと重い気分で起きたのでは、寝た甲斐もないというもの。目覚めるときは、眠りに入ったときと同じぐらいの時間をかけてゆっくりと起きましょう。

「リフレッシュできた」「疲れがなくなった」などポジティブなことを思うようにしましょう。体を伸ばしたり深呼吸をしたりして徐々に体を動かしながら起きるのがポイントです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。