冷え体質で疲れが悪化? 体を温める食事法

「冷え」が慢性的に続くと、心身の不調を引き起こすことがあります。例えば、頭痛や月経痛がひどくなったり、ぜんそくや花粉症が悪化したり……。疲れもなかなか解消されません。そうなると日々、疲労は蓄積していくばかり。

「冷え」対策として簡単にできる方法を紹介するこのシリーズ。今回は、食生活に注目します。


冷えを悪化させる食生活とは?

冷えを放置すると慢性疲労の原因に!
私たちが普段何気なく口にする食事。冷え性の原因にもなるのです。冬、特に冷え性の方は注意したい食生活を紹介します。次に当てはまるものがある人は要注意です。

■ 朝ごはんを抜いている
朝ごはんを抜くと体の体温が上がらず低体温になりがち。血流の循環も悪いままなので、冷えを感じてしまいます。「1日の能率UP! すっきり目覚める朝ごはん」も参考にしてくださいね。

■ 極端に偏食である
インスタント食品が多い、野菜を食べない、米・パンや麺類などの炭水化物ばかり食べる……。栄養バランスが乱れると、たんぱく質やビタミン・ミネラルの不足が起こり、冷え性を悪化させます。また、偏食だと貧血になりがちで、貧血でヘモグロビンが不足すると、栄養素が酸素不足で不完全燃焼を起こし、体を温めることができません。血液量そのものが少なくなり、末梢への血液も不足し、手足の冷えが生じるのです。

■ 体を冷やす食材を多く摂っている
食べ物は、体を温める「陽性」のものと、体を冷やす「陰性」のものに分けることができます。夏が旬のものや、南国の食べ物・飲み物は体を冷やす陰性の性質を持っています。昔の人たちは、その土地でその季節に取れるものを食べていましたが、最近は季節を問わずに、食材を食べることができます。それが冷え性を悪化させている可能性があるのです。

では、どんな食材が体を冷やすのでしょうか?

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法
泡で落とすタイプの洗顔料とは違い、酵素の力で汚れを分解して取り除くので、泡立てネットなどでの面倒な泡立ては不要です。また、メイククレンジングを使わなくても、「パパウォッシュ」で2度洗顔すれば、ファンデーションなどの軽いメイクは十分落とすことができます(ただしウォータープルーフの化粧品は専用のクレンジング剤で落とすことをおすすめします)。

水を加え、なめらかなクリーム状にして使用し、肌をやさしくマッサージ。なかには、顔だけでなく、ひじやひざなど体のゴワゴワした角質が気になるところに「パパウォッシュ」を使っている方もいるそう。

100%天然の「パパイン酵素」を配合した「パウォッシュ」は、さらさらのパウダー状の洗顔料。泡切れがよく、すっきり、しっとりの洗いあがりを実感できるはずです。

空気を多く含むモコモコの泡よりも、クリーム状の方が酵素が肌にぴったりと密着して、汚れをしっかり落としてくれます。しっかり汚れを落とすとはいえ、天然由来の肌にやさしい洗顔料のため、毎日朝晩使っても大丈夫。

超健康シェイプアップ法

パパイン酵素でツルツル肌に

パパイン酵素でツルツル肌に
夏は、日焼けをしてしまったり、肌が汗でべたついたり、ダメージを受けやすい季節。それは、「パパウォッシュ」が23年にわたるロングセラー商品として支持されている理由のひとつでしょう。そこで、肌に穏やかに作用しながら汚れをしっかり分解する天然酵素の洗顔料と、やさしくマッサージするように洗う正しい洗顔法をご紹介します。

パパイヤから採れる「パパイン酵素」は、タンパク質や脂肪を分解する働きがあり、特に洗顔に役立っています。熱帯地方の女性たちは、強い日差しの中でも、肌に透明感があるのはなぜでしょう?じつは彼女たちが肌のお手入れに使っているのが果物の「パパイヤ」。そのおかげで、皮膚の古くなった角質、毛穴の奥の汚れ、余分な皮脂などを分解して取り除き、透明感ある肌へと導いてくれるのです。

パパイヤから製品になるまではじつに1年半もかかるそう。さらに、ビタミン・ミネラル・多糖類など、健やかな肌を保つために必要な成分も含まれています。また、古い角質が取り除かれると、肌が清潔に保てるので、生き生きとした健康的な美肌作りをサポートしてくれます。

パパイヤの栽培から始まり、徹底したこだわりと一貫した品質管理のもとで丁寧に作られている信頼感。この「パパイン酵素」に着目した洗顔料が「パパウォッシュ」。強い紫外線を受けて厚くなった古い角質や余分な皮脂は、洗顔でしっかり取り除くのが、夏のスキンケアの基本といえるでしょう。

超健康シェイプアップ法

夫のおなかまわりが心配!

夫のおなかまわりが心配!
おなか周りが気になるサラリーマンの食生活の見直しポイントや、おいしいものを食べながらも健康を維持する秘訣です。それから、朝食に欠かせないという人も多いコーヒー。ヨーグルト、卵や魚、大豆など、違う食材を交互に食べるように心がけるとより栄養バランスも向上します。今年の春からの特定健診・保健指導が義務化され、「夫のおなかまわりが心配!」という方も多いのではないでしょうか。

ビタミンやミネラルを摂取するには野菜。でも朝食は太りにくい体質づくりには欠かせないもの。外食が多くなりがちな方は、朝食に昼間不足しがちな野菜を摂ることを習慣にするのが理想的ですが、時間がないときは野菜ジュースを1本追加するだけでもOK。けれど 無理な食事制限は長続きしないもの…。

代謝を高めて体温を上げるのに効果があるんですよ! 理想の朝食に必要な栄養素は、(1)炭水化物、(2)ビタミンやミネラル、(3)たんぱく質の計3要素。会社でサンドイッチをつまむという夫には、いつも買う缶コーヒーを見直してみるよう伝えてはいかがでしょうか。そして、たんぱく質には体温を上げてエネルギー消費を高める効果があります。

前夜の食事がもたれておなかが空かない、という方も多いようです。炭水化物は体温を上げてカラダにスイッチを入れる役割があるのでぜひ摂りいれましょう。おいしいものを我慢するのではなく、毎日の食生活のバランスを見直し、適度な運動を行って、できるところから改善していきたいものです。朝食なら抜きやすいし、食べないほうが1日の摂取カロリーが減らせる!と、「朝食べない派」の男性も少なくありません。

心身の健康を保つ

心身の健康を保つ
仕事から帰り、夕食を食べ、疲れて何もする気が起きないためにそのままテレビの前に陣取ってしまう人は、いったいどれくらいいるだろうか?テレビの前で夕食を食べる人もいるかもしれない。あなたのバッテリーは午後3時で切れてしまうのだろうか?疲れきってしまって何もできないのがろうか?

エキサイティングで生産的な人生を送るためには、夢を生き、ゴールに到達するためには、大量のエネルギーが必要になる。人生を最大限に楽しむためには、エネルギーと健康な体が必要だ。だが残念なことに。現代人のほとんどが、健康な体もエネルギーの蓄えも欠いている。私たちのほとんどが、子供さえも、理想の人生を生きるための健康な体と体力を持っていない。

だが、嬉しいことに、体の健康を回復するのに遅すぎるということはない。努力ではどうにもならない身体の障害を抱えている場合でも、体調を改善する余地は必ずある。証拠がほしいというなら、パラリンピックを見れば十分だろう。重い障害を抱えている人でも、素晴らしい体力と技を身に着けている。まず、自分の現在の状態を正確に知り、これからは健康にもっと気を遣うと、今、決心しよう。

あなたの人生を豊かにし、あなたの人生のゴールを達成するために、心身の健康に気を配りましょう。

完璧な人でなく、完璧な自分になる

完璧な人でなく、完璧な自分になる
快適健康生活を目指しているのであれば、あなたは完璧な人にはなれないが、完璧な自分にならなれるのです。私は以前から、自分の人生は製作中の絵画だと考えてきた。画家が絵に取り組むように、私も自分の人生にさまざまな色を塗ってきました。

私は常に、変化し、成長し、進化し、磨かれてきたと思っています。一度に少しづつではあるが、そしてもちろん、私の人生という絵は決して完成することはないでしょう。変化し、成長することが、私の人生そのものなのですから。

あなたが今まで描いてきた絵を修正したいのであれば、どしどし修正をくわえてください。人間関係・仕事・健康・精神・感情・経済・教育などなど。向上させたいものがありましたら、それぞれの項目について自分で計画を立てましょう。

自分の何をどのように変えたいのか、まずはハッキリさせることですね。

快適健康生活の詳しい方法を知りたいと思っている人には、インターネットという便利なものがありますね。サイトやブログを調べると「健康」「幸福」「快適」「お金」「家族」「仕事」などの言葉でたくさんの情報を得ることができます。ぜひ、1週間に1度程度はあなたが健康で快適な生活のための情報を探してみてください。探す努力をすることによってもあなたは快適健康生活に近づくことができると信じています。

もし、気に入ったサイトやブログがありましたら、メールを出したり、コメントを書き残してくることも快適健康生活には有効な方法だと思いますよ。

自分を否定しない

自分を否定しない
快適健康生活では、現在の自分の姿をきちんと受け入れることから始めます。それがいいものであろうが、悪いものであろうが。自分に対して正直になり、今自分がいる場所をきちんと認識するのです。まず初めに現在の自分の姿を正確に知る必要があるからです。

快適健康生活では、現在の状況は、意識的にせよ無意識にせよ、自分が作り出したのだ宣言する。そして、今の状況に責任を持つ。そして、快適健康生活に変えようと決心することです。

「こうであったらいいな」という姿ではなく、「本当の」姿を受け入れることができれば、幸せで成功した、快適健康生活の人生を一歩踏み出すことになるのです。

快適健康生活の詳しい方法を知りたいと思っている人には、インターネットという便利なものがありますね。サイトやブログを調べると「健康」「幸福」「快適」「お金」「家族」「仕事」などの言葉でたくさんの情報を得ることができます。ぜひ、1週間に1度程度はあなたが健康で快適な生活のための情報を探してみてください。探す努力をすることによってもあなたは快適健康生活に近づくことができると信じています。

もし、気に入ったサイトやブログがありましたら、メールを出したり、コメントを書き残してくることも快適健康生活には有効な方法だと思いますよ。

自分のための時間をつくる

自分のための時間をつくる
人生の行き先を決めるのはあなたしかいない。私はなにも、一晩ですべてを変えろと言っているわけではない。だが、自分の人生を目的の方向へ導くために、今から始めることならできるだろう。

自分の面倒を自分で見ることは自分勝手なことではありません。もし現在、胸くそ悪くなるような仕事についているなら、方向転換の計画を立て始めよう。新しい仕事につくためには、もう一度勉強する必要があるかもしれませんからね。自分自身を、誰か大切な人のように扱いましょう。そして自分のために何かをする時間を持つようにしよう。

快適健康生活の詳しい方法を知りたいと思っている人には、インターネットという便利なものがありますね。サイトやブログを調べると「健康」「幸福」「快適」「お金」「家族」「仕事」などの言葉でたくさんの情報を得ることができます。ぜひ、1週間に1度程度はあなたが健康で快適な生活のための情報を探してみてください。探す努力をすることによってもあなたは快適健康生活に近づくことができると信じています。

もし、気に入ったサイトやブログがありましたら、メールを出したり、コメントを書き残してくることも快適健康生活には有効な方法だと思いますよ。

好きな仕事をする

好きな仕事をする
快適健康生活には仕事のことも関わってきますね。あなたは誰のための人生を生きているのか?あなたは自分の夢を生きているのか?それとも誰か他の人の夢を生きているのか?

あなた自身はどこに行ってしまっているのか?自分の意見など、どうでもいいのか?自分の人生を生きることは、理にかなっているだけでなく、精神衛生上もとても大切なことです。

自分の役割だからとあきらめずに、あなたが好きな仕事をできるように、ぜひ考えてみてください。考えるだけであれば決して誰にも迷惑をかけることはありませんので。ただし、考えたことは必ず紙に書き出してくださいね。

もし、特に好きでもない職業についているなら、自分にこう尋ねてみてください。「もし、もう一度、一から仕事を始めるとしたら、何を選ぶだろうか?」と。

快適健康生活の詳しい方法を知りたいと思っている人には、インターネットという便利なものがありますね。サイトやブログを調べると「健康」「幸福」「快適」「お金」などの言葉でたくさんの情報を得ることができます。ぜひ、1週間に1度程度はあなたが健康で快適な生活のための情報を探してみてください。

もし、気に入ったサイトやブログがありましたら、メールを出したり、コメントを書き残してくることも快適健康生活には有効な方法だと思いますよ。

新潟の弥彦

快適健康生活の新潟の弥彦を紹介します。温泉地で有名なところです。お正月には弥彦山の麓にある弥彦神社は大勢に人で賑わうところで、こころから自然と一体になれるような場所ですね。いわゆる心身ともにやすらぐことが。

まずは、弥彦山の登山口へ・・目的は弥彦山の頂上にある弥彦神社の奥の宮です。超パワースポットです。その波動を貰いに行ってみませんか。

ここは絶景です。奥宮を背に日本海を見れば、佐渡が見え、逆をみれば広大な大地が視界に入ってきます。超自然が味わえるスポットです。そしてこの弥彦山、地元の人には角田山とツインの山と見られていますが、実はその横に多宝山という山があり、超自然波動のトリプルマウンテンになっています。

そして、その麓に源泉掛け流しの日帰り温泉があります。ロハス族にとり一度入ったらヤミツキになる温泉です。観光目的の人はいなく地元の方ばかりが入浴しています。あまり良い場所なので人には言いたくないのですが、特別にブログ読者に情報をお伝えします。

多宝の波動に酔ってみてください!
多宝温泉「だいろの湯」
自然の幸も旨いですよ!ほんと!快適健康生活には自然と触れ合って、温泉でゆったりとし、美味しいものを食べれば、間違いなく快適健康生活になるでしょうね。

森林浴

森林浴は樹木に癒しを求めることで、登山やキャンプ、植物園見学まで幅広く森林浴に含まれます。長野県の赤沢自然休養林が発祥地とされています。森林浴の効果を科学的に検証し予防医療などに役立てる取組みが始まっており、林野庁・厚生労働省・各研究機関で研究を進めてられています。

都会の排気ガスなどが多く含まれる空気に比べ、樹木の出す新鮮な空気を吸うことはとても気持ちのよいものです。 森林浴は樹木の香りが心を落ち着かせ、リラックス効果をもたらします。ロハス派にとりヘルシーで楽しいレジャーともなります。

また科学的なところでは、枝葉のさわめきが1/fの揺らぎを持っているので気持ちが安らぐというデータもあります。そして日常と離れた場所にくることにより雑念を忘れられる転地効果や脳波測定・反応速度・唾液中ストレスホルモンの濃度・心拍の変動・心理的調査などを用いたリラックス効果など森林浴が人間に与える影響の科学的根拠が証明されつつあります。

特に都市型ロハス族は森林浴に度々出かけることが必要です。森林浴に出かけると都会の汚れた波動からナチュラルな波動に調整することができます。都市型ロハス族の私も森林浴は時々行きます。都内では高尾山や御岳山辺りがおススメです。高尾山も御岳山も東京とは思えないくらい自然が残ってします。都心から手軽に日帰りで行けます。

登山での森林浴のコツを話します。準備としては身軽な服装で履き慣れた登山靴を履きます。そして着替えとタオルを忘れずに持ってください。お弁当、水筒、携帯用の杖(登山用)などを持ってください。森林浴は早朝に出かけます。夜中の間に充満した新鮮な空気を吸うためです。午前中早めには頂上へ着くように出かけるのがコツです。

頂上には神社の奥宮などが祭られていうことが多いです。自然磁場の強いところであることが多いので、お参りをすると良いでしょう!頂上散策するとお昼位になるのでお弁当を食べます。そして周り景色を楽しみながらゆっくりと下山して来ます。

その間にすっかり体の中のモノが洗濯されるようです。また場所によっては日帰りの温泉などがあるので、寄って帰りましょう。邪気が洗練されます。(だから着替えとタオルが必要)登山の後の温泉はロハス族にとり格別なものです!

がんに感謝できる生き方

がんに感謝できる生き方
がんになった人は、その以前とは、おそらくものの見方が大きく変わってくると思います。私達は空気と水がなければ生きていけません。ふだん、これを特別に意識することはないでしょう。同じように、命も、私達は特に意識しないで生きています。無限に命があるとおもっているのです。周りの人は死んでも、自分は死なないと思っています。

しかし、いざ、がんになったら、治るだろうか、いつまで生きられるだろうか、と急に命が身近に迫ってきます。そうなると、いままで見えなかったものが見えてきたり、聞こえなかったものが聞こえたりします。人間関係にしても、人との出会いを大切にするようになるでしょう。自分を取り囲む人やもののありがたさ、素晴らしさに気付くでしょう。その意味で、がんに感謝できる生き方ができたら、どんなに人生が豊かになるだろか、と思うのです。

がんになるまで50年生きたとしましょう。その50年と、命の尊さをひしひしと感じて生きる残り人生と、質において、重さにおいて、どちらが充実しているでしょうか。

私達は、がんにならないために生きているのではない、ということです。生きている長さより。生き方が大切だということです。多くの人にいい影響を与え、多くの人から尊敬される人が、酒好きで、タバコを吸っても、さして問題にはならないでしょう。これを食べてはいけない、あれを飲んではいけない、などとこだわるより、1日をどう生きるかに視点を向けるべきではないでしょうか。

がん治療の矛盾

がん治療の矛盾
医療現場では、病名をいうかいわないかで、治療のやり方がかなり変わってくるそうです。がんだと告げても告げなくても治る人は問題ありません。しかし、治りきらない人は必ず再発します。最終的に、死をまぬがれることはできません。そのとき、がんを受け入れている人、がんとは知らない人、がんらしいと感じていても認めたくない人で、対応がずいぶん変わってくるのですね。

がん告知がなくても、当初の治療がうまくいっているときは、患者さんの精神状態は、わりと安定しています。納得して治療を受けているのです。ところが、がんが再発して全身にひろがり、状態が悪くなってくると、「なぜ、咳がでうのですか」「なぜ、お腹が痛むのですか」「なぜ、熱が出るのですか」などとたずねてきます。そのとき、がんであることをあくまで隠して、納得のいく説明ができるでしょうか。やむなく「じゃあ、ちょっと検査をしてみましょう」といって、患者さんの矛先をかわしても、がんの転移を確認するだけで、問題の解決にはなりません。

検査だけですむなら、まだいいのです。「検査の結果はどうでしたか」ときかれて説明に困り、「では、点滴をしてみましょう」ということになります。

患者さんや、その家族の不安を慮って行うこととはいえ、症状を緩和することにはならないのです。このとき、患者さんが、自分の病気をがんだと受け入れれば、こんな矛盾をはらんだ治療はしないでしょう。その意味で、これからの医療は、医師に任せきるのではなく、患者さんの側の主体性が求められると思うのです。

がんは習慣病

がんは習慣病
がんは習慣病でもあります。がんの発症と成長に、生活習慣が大きく関係しているのです。タバコのほかにも、たとえば酒は肝臓を痛め、度を越して飲み続けると、肝炎から肝硬変、そして肝がんへと進行する道があります。

胃がんに関係があるのは、塩辛い食べ物です。塩分が高血圧症によくないのは知られていますが、胃がんにとってもよくありません。それに、茶がゆのように熱い食べ物も悪い影響を与えます。私達が、いわゆるごちそうと呼ぶような、高タンパクで脂肪の多い食べ物をたくさん食べると、乳がんや大腸がんの原因となります。もともと日本人の食事は、繊維質が多くてたんぱく質が少ないですが、今のグルメブームで、肉類をたくさん食べるのが習慣になると、注意が必要です。

タバコと酒が重なると、食道がんになりやすくなります。こうした生活習慣が必ず、がんに結びつくというものではありません。しかし、自分が好きだからといって、度を越えると危険性は高まるということです。何事も、ほどほどがよいということでしょう。この点。がんは成人病と似ています。

ある日突然、なんの前触れもなく現れるんではなく、習慣の積み重ねから起こるということです。

1週間の生活リズム

快適健康生活で生活のリズムを考えるときに、1週間のリズムも大切になってきます。ふつう、月曜日から会社や学校が始まり、最初のうちはペースが上がらず、水曜日か木曜日になって調子が上がってくる。そして週末で休みなると、朝は遅くまで寝ているためにペースが狂い、月曜日になるとブルーマンデーが再び始まる。こんな生活をしている人が多いのではないでしょうか。

私は、こうした生活で、自分で自分のからだのリズムを崩していると思うのです。土曜日も日曜日もなく働けといっているのではありません。けれども、少なくとも動物して人間が生きていくリズムからいうと、土曜日も日曜日もありません。どんな日であろうと、同じリズムで生活することが、非常に大切だと思うのです。

特に早起きは変えない方がいいと思います。夜更かししたら睡眠不足になる。それがもとで病気になるかもしれない、などと考える必要はありません。とにかく、1日の始まり、けじめをキチッと守る。すると、夜になると、自然に眠くなりますから。
夜眠れない人の中には、睡眠薬を服用する人がありますが、あれはかえって、からだのリズムをこわします。快適健康生活で早起きの習慣がついていれば、まったく睡眠薬と縁のない世界へ入っていけます。

からだのリズム、生活のリズム

快適健康生活をすごす中で、時差ボケというものがあります。外国に行って帰ってきたりすると、初めのうちは非常に眠い。夜中に目が覚めたり、昼間でも眠くてしかたがないということがあります。これは、人間のからだにはリズムがあって、私達はリズムで生活していることを示しています。

たとえば、私達のからだは副腎皮質ホルモンを分泌しています。このホルモンは人間の活力源となるもので、ショック状態に陥っている人でも、大量に注射すれば血圧が上がるという強い作用をもっています。

この副腎皮質ホルモンがいちばんよく分泌されるのは朝です。だから朝の方が仕事や勉強の能率が上がるのです。からだのリズムからいうと、朝がもっとも活動てきなのです。

快適健康生活では朝の活動を大切にしましょう。そういう意味で、外国に行ったときの時差ボケは、単に夜と昼を間違えているのではなく、からだのリズムが狂っているということです。つまりからだには、1日のサイクルの中で活動期と休息期があって、いきなり昼と夜が入れ替わって、いまは休息期だから休めといっても、からだはそう急に対応できないのです。

快適健康生活では生活のリズムというのか、規則正しい生活を薦めています。無理、無駄、ムラのない快適健康生活をあなた自身で作り上げてください。

いかに生きるか

快適健康生活を目指していますがまさか「いかに生きるか」というテーマになるとは思ってもいませんでした。でもこの大きなテーマである「いかに生きるか」に付き合ってください。

人間は、病気になりたくないとか、死にたくないとは思ってみても、いつかは必ず病気や死に出会うのです。避けることができないのですね。どんな生き方をしても、寿命というものがあります。だから一時期、よく言われたように、「人間の命は地球よりも重い」とか「1分でも、1時間でも、1年でも長生きさせることは、素晴らしい医学の進歩である」という考え方は、根本的に人間を見る目がおかしいのではないかと思います。

快適健康生活からの考えや思いから出発しますと、大切なのは、ふういう生き方をするかということが最も大切だと思います。

そのために健康であることがどれほど必要なのか、という見方が大切になってくるのです。医師のいうことは、実は年々変わっていきます。ある症状の人に、運動をしなさい、といっていたのが、何年かたったら、運動しすぎはダメだ、といい方が変わることもあります。

これは食べてはいけない、といっていたのが、食べてもよろしいとなる場合もあります。これらは決して医師が悪いのではありません。究極的にはあなた自身が変わらない考え方(哲学)をもつことが必要なのですね。健康それ自体が目的ではなく、自分の生きる目的の中に、健康をどう位置づけ快適健康生活をおくるかが問題なのです。

現役のお相撲さんのダイエット

快適健康生活と健康やダイエットとを履き違えている人が多くいるのではないでしょうか。快適健康生活の基本に戻って考えてみてください。最近は健康やダイエットに非常に関心が高まっていますが、確かに肥満の人が増えていると思いますよ。もちろん肥満によって成人病が多くなり、ダイエットの必要がある人もいるでしょう。しかし快適健康生活を考えるときに最も肥満な人を考えたときにお相撲さんが浮かんできました。

どこから考えてもお相撲さんは肥満ですよね。しかしお相撲さんが痩せていては話しにならないでしょうね。太っているから強いという部分もあるのですよね。お相撲さんに「あなたは肥りすぎだから、もっと減量しましょう」とはどこの医師も言わないと思いますよ。

もっとも、お相撲さんには成人病にかかる率が高いのは事実ですね。糖尿病、痛風、心臓病、脳卒中などに現役のお相撲さんでなる人が多いと言われています。それでも病気と闘いながら、立派な成績をあげようと努力しているのです。これはこれで快適健康生活の一つだと私は思っています。

意外とスポーツ選手には健康でない人が多いのですよ。怪我によって不健康な体になった人も少なくありませんね。特に一流のスポーツ選手には怪我で現役のスポーツ選手生活を断念した人は数え上げることができますね。

快適健康生活の本当の意味を考えていただけると嬉しいですね。

病気は気から

快適健康生活で考えなければならないことは「健康とは何か」ですね。健康に大して病気という言葉が使われますが、病気とは「気が病んでいる」ことなのです。では「気」とはいったい何か。

「生物の特色は気を持つことであり、気とは、内的には生物の諸器官、諸機能に統一を与えるものであり、体外的には外界に対して能動的にはたらきかける力である。」のです。

かみくだいと言うと、「気」とは、体の中のさまざまな器官や働きをまとめる力なのですね。外に向かっては、みずから進んで働きかける力となるのです。この「気」に異常をきたしているのが病気だということです。

快適健康生活とは「朝、目が覚めたとき、特に異常を感じず、すぐに起きられるというだけでなく、また、ただ気持がさわやかであるというだけでなく、目が覚めるやいなや、その日の仕事に対する熱意がわいて、じっとしておれないという状態、それが本当の健康といえる。」

快適健康生活を過ごすには、きょう1日の仕事に対して意欲がわいてくる。学生なら勉学に対して意欲がわいてくる。そういう状態が健康だといわれます。
生きていること自体に感謝の気持を持って、人のために働きたいという使命感がわいてくるのが快適健康生活の目標かもしれません。

そしてこの気持が快適健康生活につながっていくのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。