忙しいからこそ! 即効で食べる朝ごはんメニュー!

忙しいからこそ! 即効で食べる朝ごはんメニュー!

どんなに忙しくても朝はしっかり食べる!
朝ごはんを食べない習慣という人は結構多いようです。朝ごはんを食べることによって生活にリズムができやすく体も活動しやすくなります。まずは少しでいいので口に入れるようにするといいですね。

□豆乳をかけて食べるだけ!
雑穀のシリアル豆乳がけ
・ポイントは豆乳。たんぱく質・ビタミンも取れるし、便秘にもよい。雑穀フレークでビタミン・ミネラルも補給できる。

□スタバにも売っている! 
吸収が早いバナナ
・バナナはとっても吸収がよい。ただし南国の食べ物は体を冷やすので、体が冷えやすい人は特に冬は避けたほうがよい。

□野菜を少しでも食べれるように!
野菜入りサンドイッチ
・コンビニで買うなら野菜を少しでも食べるためにサンドイッチを選ぼう。

□時間がない人の究極!
野菜ジュース
・基本はやっぱり口から食べること! ただし時間がない場合は野菜ジュースを選んでもOKです。その場合は果物や糖分が入ってないものを選びましょう。


朝ごはんは、忙しいときこそ大事なもの。体をケアするためにも朝ごはんをとってみてくださいね!

しっかり食べたい人の朝ごはんメニュー!

しっかり食べたい人の朝ごはんメニュー!

少しだけ早起きして作ろう!
朝ごはんが心と体にいいのは確か。では、どんな朝ごはんを食べたら体にいいのでしょうか? 朝は胃がからっぽなので最初に食べたものは吸収されやすいのです。いきなり甘いものを食べてしまうと、急激に血糖値が上がってしまい、体に負担をかけることに! 朝から肉などの脂濃いものもお勧めできません。和食と洋食のお勧めメニューをそろえてみました。

和食でしっかり!

□ご飯
できれば玄米か雑穀米がお勧め! 小豆粥やかぼちゃや大根などを入れたお粥も胃に優しくてお勧めです。

□味噌汁
野菜・きのこ類・海藻類をたくさん入れましょう!

□海苔
海藻類は何かと不足しがちなので、朝にも摂りたいところ。

□納豆
朝からたんぱく質も補給。前日に肉や魚を食べ過ぎたら大根おろしを混ぜたり、ネギや海苔の佃煮を混ぜたりしてみて!


洋食でしっかり!

□パン
6枚切りの1枚でご飯茶碗1杯分。バターやジャムは控えめに。菓子パンは高カロリーなので控えめに!

□サラダ
冬は温野菜がお勧め! もちろん前日の残り物のおかずでもOK。ハムや卵を入れてもよい。

□豆乳オーレ
たんぱく質豊富でビタミン・ミネラルも含まれています。
 
さて、朝は起きるだけで精一杯! 作っている暇なんてない! という人も多いはす。そんな人は何を食べたらいいのでしょうか?


泣くことで心臓病が治った
HDD故障の修理と料金
教育ローンの金利を安くする
危険な白髪染め ビゲン早染め
リポビタンDを飲むとファイトが出る?
美顔器 美顔器の評判
ツムラの入浴剤はお遊び効果
ライオンの植物物語 環境にも人にもやさしくない植物物語
薬用不老林 毛が育たない「育毛剤」
クリスチャン・ディオールのスヴェルトは「やせない化粧品」
テフロンのフライパンから有毒物質が
猛毒ダイオキシンを生むサランラップ
ドモホルンリンクルは薬事法違反の催眠商法
ユズ茶にはビタミンCがレモンの3倍
マッサージ器の良い選び方
プラセンタ プラセンタで美しい肌に
ダイエットクッキーでダイエットに成功した
歯並び 素敵な笑顔の成人歯科矯正
オクサマランチ オクサマランチってどんなランチですか?
2級土木施工管理技士とは
洋服にも和服にも似合う 魅力的な女性を演出するヘアスタイルボブ
なごり雪 イルカのなごり雪
幸福に生きるヒント
抗がん剤の種類と副作用
貯蓄の基礎知識と貯蓄の方法
快適健康生活
悪質商法を暴露 悪質商法の歴史

1日の能率UP!すっきり目覚める朝ごはん

1日の能率UP!すっきり目覚める朝ごはん

朝ごはんの重要性が見直されています。朝ごはんを食べない子どもはペーパーテストの成績が悪いという結果が出ました。これは何も子どもだけに限りません。やっぱり大人だって朝ごはんを食べることで仕事の能率があがるのです! 今回は、忙しいからこそしっかり食べたい、すっきり目覚めるための朝ごはんメニューをご紹介します。



朝ごはんは心と体に効く? 4つの効能をチェック!

朝ごはんを食べると仕事の効率がUP!
1日のスタートである朝。気持ちのよい朝を過ごしたいものです。朝にごはんを食べることによって、さまざまなよい効果があります。まずは朝ごはんの効能をみてみましょう!

1.仕事の能率が上がる!
寝ている間は低体温になっています。朝ごはんを食べることにより体温をあげウォームアップ! 脳はブドウ糖をエネルギー源としているので、朝ごはんで炭水化物(糖質)を摂って、脳を働かせると、やる気や集中力が出て仕事も勉強もはかどるはず。
 
2.痩せやすい体を作る!
食事の間隔が開くと、体は「次、いつ食べ物が貰えるか分からないので貯めておこう!」と、体に蓄えようとします。基礎代謝も落ちて太りやすい体に……。体は賢いのです。ダイエットのために食べていない人も多いようですが、そういう人は1日分の摂取カロリーは変えずに朝ごはんを食べたほうが痩せやすくなります。

3.便秘を解消する!
まずは朝ごはんを食べることで生活にリズムをつけることが大切。食事を摂ることで消化器系が刺激されます。朝ごはんを食べた後でトイレに行く習慣をつけるといいですね。

4.栄養バランスがよくなる!
現代人は野菜が慢性的に不足しています。1日欠食すればさらに不足しがちに。栄養バランスが乱れている食生活を長く続けると、体や心に影響を及ぼします。「なんとなくだるい」「疲れやすい」という人は朝ごはんを食べて1日の栄養バランスをよくしてみましょう。


朝ごはんを食べる効果はこんなにたくさんあるのですね。では何を食べたらよいのでしょうか? 朝からお菓子をたっぷり食べて体にいい訳がありません。脳へのエネルギー源は唯一ブドウ糖だけ。ブドウ糖といえば炭水化物(糖質)。朝は米かパンをしっかり食べたいところです。ご飯やパンは太りやすいのと控えている人がいますが、それでは脳は疲労が増すばかり。体重が気になる人は、朝はご飯かパンをしっかり食べて頭を働かせ、逆に夜に減らすようにするといいですね!

脳に必要な栄養素を与える

脳に必要な栄養素を与える
学習・記憶能力と深く関係しているのは「シナプス伝達」と呼ばれる、これら神経細胞間での「情報のやりとり」なのです。しかし、この「シナプス伝達」能力はこれまでの研究から、老齢動物で低下することが明らかにされています。そのうち、脳に深く関わっているのが「ドコサヘキサエン酸(DHA)」や「
アラキドン酸(ARA)
」です。細胞膜やホルモンをつくる原料になります。母乳にも含まれ、赤ちゃんの記憶・学習能力も支えているアラキドン酸(ARA)。

肥満や生活習慣病の原因としてネガティブなイメージの脂質。その変化は年齢に換算して5〜8歳分の若返りに相当するほどでした。しかし、アラキドン酸 は元々体内で作り出す量が限られているのに加え、上のグラフにあるように60代を過ぎた頃から顕著に減少しはじめるので、若い頃にも増して意識して摂取することが、脳の健康を保つ秘訣と言えるでしょう。中でもアラキドン酸(ARA) は、脳の神経細胞の材料となり、脳の構造を守ることがわかっています。しかし、身体にとっては大切なエネルギー源であり、細胞膜などの原料にもなる大切な成分なのです。

特に「必須脂肪酸」は、私たちの体になくてはならない成分。では、こういった老化現象を食い止め、脳の健康を保つことはできないのでしょうか?そこで注目したいのが、老化による脳の機能低下を改善する働きを持つということで、いま話題の「アラキドン酸(ARA)」です。脳の「シナプス伝達」能力を増強する可能性があることもわかってきました。ちょっとした物忘れは誰にでもあるものですが、最近、少し増えてきたかなぁ…と感じていませんか?「知っているのに思い出せない」「昔は言えたのに出てこない」などなど、年を重ねると誰でも多少は忘れやすくなるものです。

アラキドン酸(ARA)」は、神経細胞膜の構成成分でもある、必須脂肪酸。「年をとれば仕方ないか…」とあきらめる前に、いま注目の「 アラキドン酸(ARA)」について調べてみましょう。年をとると、なぜ物忘れをしやすくなるのでしょうか?人間の脳にはおよそ1000億個にものぼる、膨大な数の神経細胞が存在しています。サントリー(株)健康科学研究所と杏林大学医学部(古賀良彦教授)の共同研究からは「 アラキドン酸(ARA)を1日240mg、1ヶ月間摂取することにより、脳の認知機能が向上した」という発表もされています(※)。

超健康シェイプアップ法

夏バテ解消に役立つ栄養が豊富

スイカは夏バテ解消に役立つ栄養が豊富
日本でも昔は皮をお漬け物にしたりしていましたよね。また種にも、脂質やタンパク質、リノール酸、カリウムが多く含まれています。利尿作用は、果肉より皮が強いと言われています。私も、これからは皮の食べ方を工夫してみたいと思います。旬のものを食べることは、自然とカラダをいたわることにもなるんですね。

中国で食べられているスイカの種は、日本のスイカの種より大きいですが、ひまわりやかぼちゃの種同様に、炒って塩味等をつけたものを殻を割って中身を食べたり、お茶に利用されているそうです。スイカの皮を、炒めて食べてみました。果糖は冷やすと甘みが際立ちおいしいのですが、スイカには体を冷やす作用もあるので、冷え性の人やお腹が緩い人などは、食べ過ぎに気をつけください。きゅうりのような感覚で使えばよさそうです。

よければご参考に。無駄なく食べれば、体によい成分をとれるだけでなく、生ゴミも減らせていいですね。スイカは、丸ごと食べられる。中国では、スイカは、捨てるところがない果物とされ、皮や種まで丸ごと食べられているとか。

皮は薄切りにして炒めたり、煮て食べることもできます。夏バテ解消に役立つ栄養が豊富スイカには、他にも免疫力を高めるβ-カロチン、疲労回復に役立つビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、リン、鉄等のミネラル、アルギニンなどの成分を含んでいます。暑さと紫外線で夏バテしやすい時期には、必要な成分をしっかり補う食べ物が旬を迎え、私たちの健康をサポートしてくれます。さらにスイカに含まれる糖分は、果糖とブドウ糖でエネルギーに素早く変わるため、夏バテで疲れた身体へのエネルギー補給にはぴったり。

超健康シェイプアップ法

スイカは腎臓の働きを正常

スイカは腎臓の働きを正常
体内に入った有害物質を血液中から濾過したり、体内で発生する毒素を排泄する役目を担っているのが、肝臓です。シトルリンは体内に吸収されると、体内で発生する猛毒のアンモニアを無害な尿素に変換させて排泄するように、尿の量を増やして排尿を促す働きがあります。スイカは、古くは漢方や民間療法でも、利尿作用があるのでむくみや解毒に役立つ食べ物とされてきました。

ただし、腎臓・肝臓に疾患のある人、糖尿病の人などで、食べ物に制限のある人は医師の指示に従ってください。有害物質を解毒し、肝臓の機能を強化最近は「解毒」がブームですね。

スイカに含まれるグルタチオンには、解毒を司る肝機能を高める作用があります。またスイカにはカリウムが豊富に含まれています。ただし、加工用トマトは、熱処理や油を混ぜることによって吸収しやすくなっているのです。

このカリウムは、体内の余分な塩分を排出し、利尿作用があります。カリウム+シトルリンの働きで、スイカを食べると利尿作用が高まり、腎臓の働きを正常にするのです。

超健康シェイプアップ法

スイカは腎臓病、膀胱炎、高血圧の予防

スイカは腎臓病、膀胱炎、高血圧の予防
ついつい暑くて冷たいビールばかり飲む、甘いものばかり食べるなど、食生活が乱れていると肝臓にも負担をかけます。(「日経Health9月号より)ただし、これらの有効成分には様々な機能性が期待されているとはいえ、食品としてのスイカをどれだけ食べれば効果がでるというものではありませんので、過剰な期待はしないようにしましょう。

漢方や民間療法などで用いられるスイカ糖(スイカを煮詰めたもの)は、熱処理されているので、生で食べるよりもリコピン吸収も期待できそうです。

グルタチオンは、アミノ酸の一種(グルタミン酸、システイン、グリシンから成るトリペプチド)で、有害物質を体内で解毒する肝臓の機能を強化する作用が認められています。スイカには、シトルリンというアミノ酸を含んでいます。

また最近シトルリンにも強力な抗酸化成分であることもわかりました。その結果としてむくみをとり、腎臓病、膀胱炎、高血圧の予防などに効果が期待されるのです。

古くから漢方などでは利尿作用があってむくみや高血圧予防に効果があると知られていましたが、近年では体内の毒素や有害物質を排出し、抗酸化作用などの働きがあることも分かってきました。

私たちは、空気や水、食品、シックハウスなどから、知らず知らずに有害物質を体内に摂取しています。この働きが低下すると、尿がうまく排泄されず、老廃物が血液を巡ることになります

スイカの抗酸化活性

スイカの抗酸化活性
利尿作用を促し、腎機能を高める腎臓は尿を作り出す臓器で、尿中の老廃物を濾過する働きもあります。リコピンとシトルリンのw効果で、スイカの抗酸化活性は、トマトの1.7倍になると報告されています。スイカに含まれているリコピンの量は、一般的な生食用トマトより多く含まれています。

スイカは、果肉の約90%以上が水分なので、栄養価が低いように思われがちです。活性酸素からカラダを守る抗酸化成分紫外線のきつい夏の日差しを浴びると、カラダに活性酸素も発生しやすくなり、疲れるだけでなく、シミなどの原因にもなります。

活性酸素によるシミを防ぐ作用でご紹介したリコピンは、トマトに含まれていることでよく知られていますが、実はスイカの赤い色もリコピンによるものです。肝機能が低下すると、代謝が悪くなって栄養の供給が滞り、毒素や老廃物が排泄されずに溜ってしまい、ひどくなると疲労感やだるさを感じたりします。スイカには、グルタチオンという成分が含まれています。

玄米食

快適健康生活を考えるときに、人間も自然の一部だと思ってください。人間だけが特別のものを食べて生きているわけではありません。自然とともに生きていく、自然の恵みに手を合わせて生きていく姿勢が大切でしょうね。快適健康生活は感謝の生活かもしれません。

私は玄米食を食べています。玄米は炊き上げるのに時間がかかるので、いつも玄米食というわけではありませんが、もう10年も食べ続けています。どうして私が玄米食を食べ始めたかといえば、ある書物に玄米食だと睡眠時間が短くなり、寝なくても体が疲れないと書いてあったからです。

だからといって私は決して玄米主義者ではありません。一部の自然食主義者のように、肉類は一切食べないというのではなく、白米も肉類も何でも食べます。

玄米食については賛否両論があります。玄米にはぬかがたくさんかぶっていて吸着作用があります。そのために、コレストロールやカルシウムを便と一緒に出してしまいます。コレストロールの多い人にはいいのですが、一方で、骨が弱くなるというマイナス面もあります。

たしかに玄米をたべはじめてから私は肉をあまり求めなくなりました。その代わりに小魚が美味しくなりました。小魚にはカルシウムが充分入っているからでしょう。玄米すべていいことばかりではないと思いますが、私は、その中で不足する栄養分を補っていけばいいと思っています。

健康と栄養

快適健康生活をおくるには栄養を考えないわけにはいきません。快適健康生活でまず最初に大切なのは食事ですね。医食同源という言葉もあるように、食べ物は健康の維持と大きな関係があります。

最近の食卓には季節感がすくなくなっています。いつでも食べたいときに食べたいものが食べられるようになりました。冬に出回るイチゴには驚かされます。大きな粒で、真っ赤な色で、つやつやしているイチゴです。私もたまに冬場のイチゴを食べますが、できれば、その季節に食べるのが、一番自然な生き方ではないでしょうか。

快適健康生活では食事は楽しむものだと思っています。特に病気で入院されているような場合には、食事はとっても大きな楽しみではないでしょうか。からだの具合が悪くて食べられない人や、一時的にしろ食べられない方もいますが、病院に入院されたほとんどの人の楽しみは、今日の食事は何だろうと待ち望んでいるのですね。

生きている喜びの中で、食べるということは非常に大きな部分を占めていると思います。だから、喜んで食べることが非常に大切になってくるのです。

もうひとつは丸ごと食べることですね。人間はある意味で、生命をいただいて生きています。植物にしろ動物にしろ、他の生物の生命を食べて自分の生命を保っています。そこに、感謝がなければなりません。同時に、その生命の一部、自分の好きなところだけを、つまみ食いにように食べるのではなく、できるだけ丸ごと食べる。少しだけ食べて、あとは捨ててしまうのでは、食べられた方は浮かばれないと私は思いますね。快適健康生活の礼儀だと思ってください。

糖尿病

快適健康生活の目的は病気にならないことが最大で究極の目的かもしれません。しかし病気にはピンからキリまでありますよね。その中で、急性の病気や、手術できる病気を覗くと、実は治る病気は非常に少ないのです。治らない病気−そればいわゆる成人病、慢性病なのです。たとえば糖尿病の場合、治療の基本は食療法です。食事で病気をコントロールするのです。飲み薬もあるし、注射による治療もありますが、糖尿病は、食べ物のとりすぎに原因があるのですから、食事を制限しなければなりません。

しかし、快適健康生活のためであると分かっていても、実際にはなかなかできない。入院しているときは、医師や看護師のいいつけを守って良い状態を保っているが、退院したら元のもくあみで、また症状が悪化して再入院される方が非常に多いですね。

快適健康生活を目指しながら、なぜ同じ病気が再発するのでしょうか。糖尿病の人には、親がたくさん食べる人で、子供にもどんどん食べさせた。親が甘いものを好きなら、子供も甘いものを食べる。そういう習慣がついたのですね。もう一つは、子供のころに食べたものは絶対においしいと、体が覚えている。おふくろの味がそうです。

たとえ、お母さんが料理べたであっても、子供のころに食べさせてくれたものは、体の中においしいものとして刷り込まれているのです。

快適健康生活のために注意することですが、糖尿病とはすい臓からでるインシュリンというホルモンが不足して起きる病気です。たくさん食べるとインシュリンもまた、たくさん必要なのです。そのため、食べる量を減らさなければなりません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。