タイプ別入浴方法で疲れた心と体を癒す

タイプ別入浴方法で疲れた心と体を癒す

その日のうちに疲れを解消して、次の日の朝はすっきりと目覚めましょう!
あなたの疲れはどのタイプでしたか? 今日の疲れに合わせた入浴法を試してみましょう。以下にタイプ別の入浴時の効能と方法をまとめてみました。

■Aタイプ 体の疲れを回復させる入浴法

湯温  43℃前後

時間  10分

効果  疲労物質を取り除き、筋肉の疲れをときほぐします。汗をかいて老廃物を排泄させる効果もあるので、体の疲れを取り除くことが出来るでしょう。

方法  熱いお風呂は体の表面だけ温まりやすいので、みぞおちより下だけ入る半身浴がお勧め。半身浴だと、心臓に負荷が掛からないので長めに入浴できます。頭上の換気をしないとのぼせやすいので注意。

 
■Bタイプ 心の疲れを回復させる入浴法

湯温  39〜40℃

時間  20分

効果  副交感神経の機能が高まります。抹消血管の血行をさかんにして、頭に集中しがちな血液を分散し、緊張が解消、リラックス効果もあるので、心の疲れを癒すことができます。脈拍も緩やかになり眠りにつきやすい状態に。

方法  入浴中は全身の力を抜いてリラックス。決してストレスの原因となっているものを考えないようにします。目をつぶり浮力を感じながら手足を少しずつ動かしてみましょう。「リラックスしている」などプラスのイメージのことを考えます。ヒーリング音楽やアロマオイル・入浴剤を使っても効果がUP。ときには明かりを落として、アロマキャンドルなどを利用して入るのもいいでしょう。


■Cタイプ 寝つきを良くする・眠りの質を高める入浴法

湯温  38℃

時間  25〜30分

効果  仕事中など忙しくしている時は、交感神経優位の緊張状態にあります。入浴で副交感神経を働かせることで眠りの質がUP。人は体温が下がり始めると眠気を催し、下がりが早い人ほど眠りにつきやすいとも言われています。入浴で体温を上げて熱を放散させる準備をしましょう。

方法  就寝の約1時間以上前の半身浴がお勧め。汗が出るので入浴前後にしっかりと水分補給をしましょう。好きな匂いや色がついた入浴剤もリラックス効果を高めます。入浴後はコーヒーやタバコなどの刺激物を避けて、湯冷めしないようにして床につきましょう。


■Dタイプ 肩こり・首のこりをとる入浴法

湯温  41〜42℃

時間  20〜30分

効果  血行をよくして新陳代謝を高めます。その結果、首や肩の疲労物質が取り除くことができます。

方法  浴槽が長い場合には、浴槽のふちに首を乗せて、首に頭の重みがかからないようにする寝浴がお勧め。ストレッチで筋肉をほぐしましょう。首をすくめるように肩を持ち上げて一気に力を抜いてみたり、首をゆっくり回したりしましょう。肩に温かいタオルを乗せて入るのも効果があります。


体調の悪い日の高温入浴や長湯は体に負担となりますので十分に注意してくださいね。入浴剤やアロマキャンドルなどを使うと、さらにお風呂タイムが楽しめます。自分にあった入浴法で、快適なリフレッシュ時間を!


安いBTOパソコンの評判
節約料理 黄金伝説

あなたの疲労タイプをチェック!

あなたの疲労タイプをチェック!

1日中同じ姿勢でパソコンをしていると血行が悪くなり、肩こりや首のこり、目の疲れが多くなります。
体の疲労・心の疲労・睡眠不足など、疲労は人によって、そして日によってさまざま。その時々の疲れに合わせた入浴方法を試してみるといいですね。まずは、あなたのタイプを確認! 当てはまるものをチェックしてみましょう。

Aタイプ
□激しい運動をした
□いつもよりたくさん歩いた
□1日中ごろごろしていて頭がすっきりしない
□筋肉痛がひどい

Bタイプ
□ストレスを感じている
□イライラすることが多い
□憂鬱な気分だ
□頭がぼーっとして集中力がない

Cタイプ
□朝の目覚めが悪い
□昼間に眠気を感じる
□寝つくまでに1時間以上かかる
□夜中や早朝に目が覚める

Dタイプ
□仕事は座りっぱなしか立ちっぱなしだ
□肩こりがある
□目の疲れや頭痛がある
□長時間冷房の効いているところにいる

いかがでしたか? 1番多くチェックのついたものが、あなたの疲労のタイプです。以下を確認してみましょう。

■Aが多い人……体の疲れが大。疲労物質を早く取り除く入浴法を試してみましょう。
■Bが多い人……心の疲れが大。リラックス効果を高める入浴法を試してみましょう。
■Cが多い人……睡眠不足や睡眠障害で疲労。ぐっすり眠れる入浴方法を試してみましょう。
■Dが多い人……パソコンを使ったり長時間同じ姿勢をしている人に多い、肩こりや首のこりの症状があります。血行をよくする入浴法を試してみましょう。

ブラック と ブラック企業

1日分の疲れ解消! タイプ別入浴法

暑い日が続いています。この時期は毎日シャワーだけ!というあなた、汚れだけでなく、1日分の疲れはちゃんと落とせていますか? お風呂は心と体をリラックスさせ、疲労を回復させるのに最適な場所。お疲れ気味の方は、これを利用しない手はありません。毎日簡単にできて、経済的。お風呂で疲れをうまく落とす方法をご紹介します。



入浴の3つの効果は?

ひと手間加えるだけで、いつものお風呂が癒し空間に!
入浴はなぜ疲労回復に効果があるのでしょうか? まずは入浴の効果をみてみましょう。入浴の効果は「静水圧」「温熱」「浮力」の3つです。

■血行やリンパの流れを促進! 静水圧効果
静水圧は、お風呂の中で体にかかる水圧のこと。静水圧により心臓の動きが活発になって、血行やリンパの流れがよくなり、マッサージ効果が生まれます。むくみも解消するので、立ちっぱなしで足に疲れが貯まっているときにもお勧め。ただし、静水圧により心臓に負荷を掛けやすいので、みぞおちより下だけ入る半身浴にしましょう。

■自律神経に働きかける! 温熱効果
温かいお湯(42℃以上)だと交感神経が働き、新陳代謝が促進されます。その結果、疲労物質の排出を助け、汗をかいて老廃物も排泄されるので体の疲労が回復されます。ぬるめお湯(38〜41℃)だと、副交感神経が働きリラックスするので、心の疲労回復に効果があります。

■ゆりかごに乗った気分でリラックス! 浮力効果
お風呂の中では体重が1/9くらいに。体が浮くので浴槽の中で力を抜けば、ふわふわと体が浮いてリラックスする効果があり、心の疲労を回復させることができます。

この3つの効果を生かして入浴すれば、簡単に1日分の疲れをリセットすることができるのです。その日の疲れはその日のうちに解消しましょう!

理想的な昼寝の方法は?

理想的な昼寝の方法は?

オリジナルの昼寝方法をみつけてみよう!
毎日の生活は忙しく、昼寝どころではないかもしれないし、昼寝をする環境ではないかもしれません。ここでは忙しい生活の中でできる昼寝の方法をご紹介しましょう。上手に昼寝をすることで、瞬時に疲労が回復し、ストレスも解消して活力が沸いてくるでしょう。

■昼寝の姿勢
昼寝は脳の休息が目的なので、必ずしも横になる必要はありません。デスクにうつぶせ、座ったまま、クッションを使って……。そのとき眠ることができる体勢をとりましょう。大事なのはリラックスできる姿勢であること!

■昼寝の長さ
あまり長く眠ると、余計に疲労を感じることになります。疲労回復のためには5分〜30分程度が理想的。電車や地下鉄、タクシーに乗っているときにも行うことができます。職場では時間が取れない人には、一瞬だけ休息をとる昼寝の練習をしましょう。時間は5分以下。しかしこれだと疲労が回復した状態は長くは続かないので、疲れを感じたらこまめに休息する必要があります。

■昼寝のタイミング
理想は昼食後。できるなら毎日同じ時間に昼寝をするのがお勧め。体も同じ時間に寝ることに慣れて瞬時に疲労回復することができるでしょう。それ以外にも、眠くなったときや仕事に行き詰ったとき、疲れて考えがまとまらないとき、運転に疲れたとき、大事な会議の前などに昼寝をすることによって、緊張も取れ実力を発揮できるでしょう。

■昼寝の場所
横になることができると理想的ですが、なかなかそうは行かないもの。しかしやる気になれば、場所はたくさんあります。例えば職場のデスク、電車の中、待合室、トイレの中など。

■昼寝の儀式
動物は寝る前に準備行動を行うことがあります。それを見習って私たちも儀式を行ってみましょう。条件反射で眠りやすくなるはず。自分の眠りの儀式を考えてみましょう。例えば、携帯電話の電源を切る、歯を磨く、水を飲む、深呼吸をするなどがあります。

昼寝のイメージが沸いてきましたか? 快適で健康的な生活を送るために昼寝をやってみましょう!

昼寝をすることで作業能率は確実にUPする!

昼寝と聞いてどんなイメージを持っていますか? 休日の昼寝はともかく、仕事中の昼寝には抵抗がある人も少なくないはず。しかし、昼寝は健康にとてもよいものです。規則的に昼寝をしている人は、心臓発作の危険を減らすことが科学的に証明されています。また疲労回復のためにもとても効果的。今回は、自然の要求に従った昼寝の効果に迫ります。



昼寝をすることで作業能率は確実にUPする!

昼食後の会議や講義が辛いという経験がある人も多いはず!
昼食後の眠気は、昼食の消化と関係があると思われていました。しかし最近の研究では、午後の眠気は、消化のせいだけではなく、むしろ生まれつきの生物リズムと関係していることが分かってきました。ある睡眠の研究家は、実験の結果、「人間は生理学的に午後に眠るように出来ている」と結論を出しました。

睡眠は体内のリズムに従っていて、1日周期で覚醒と睡眠を繰り返しています。しかし、この覚醒と睡眠の繰り返しは、約半日周期のリズムでも起きているのです。正午過ぎの一時期に眠気が高まるのはそのため。また、午後2時から4時の間に作業能率が低下することも証明されています。つまり作業効率が低下する午後に昼寝をすれば、午後からの作業能率が確実にUPするのです!



忙しいからこそ昼寝をする
忙しくて昼寝をする時間はない! という人も多いでしょう。多くの人が、昼間は、コーヒーやタバコ、栄養剤で気を紛らしています。夜は体を休める必要があるのに、人工照明で眠くならなかったり、テレビやゲームに熱中して眠れなくなったりします。その結果、本来持っている生物リズムが乱れてしまいます。

休息の必要があるのに、コーヒーやタバコなどの興奮剤を使用し続けていると、睡眠障害や欲求不満を感じたり、イライラしたり、集中力がなくなるなど健康が害されることがあります。そのような状態で仕事をしても効率がいいはずはありません。忙しいからこそ昼寝の時間を作ったほうが、結果的に見て仕事の効率をあげることになるのです!

要求に従って眠たくなったら寝るのが一番! しかし忙しいこのご時世、毎日たっぷり昼寝をしている時間はありません。

からだが教えてくれること

食べることで大切なことは、むかしから言われていることですが腹八分に食べる、ということです。快適健康生活ではからだは、不足している食べ物を教えてくれます。水分が不足すればのどがかわくと同じように、体が疲れていれば甘いものを食べたくなる。そのときいつも満腹にしている生活を続けていると、必要なものをからだが教えてくれなくなります。

快適健康生活の基本的な考え方ですが、からだが欲しがっているものを食べるようにすれば良いのです。自然の一部である人間ですから自然の法則にしたがって行動するのが一番効果的であり、無理がいかないもですね。

美味しいから食べる、値段が高いから食べる、珍しいから食べるというのではなく、食べたいものを、量を控え目にして食べることが最も大切なのです。そして食べたいものを食べたい時に食べるのが一番のご馳走ではないでしょうか。また健康にもっともよい食事となるのではないでしょうか。

空腹のときに食べるのが一番美味しいと感じるのは自然なのです。快適健康生活のためには無理をして食べたりしないようにしましょう。
まして旬の食材を食べている分には経済的にも負担が少なくてすみますね。我が家では旬の食材が近所や親類から届けられることもありますが、嬉しくて本当にこころから感謝をしながら食べさせていただいております。

快適健康生活を食事面でも充実させてください。

喫煙のすすめ?

快適健康生活をおくるためにタバコをやめなさいとまでとは言いません。タバコをやめるやめないは、人それぞれの生き方の問題なのですね。

もちろん快適健康生活にとってタバコが健康に良いか悪いかは答えが出ていますよね。タバコはからだのため快適健康生活のために全く良くないですね。しいて良いところを探せば、気分転換になって多少はストレス解消に役立つでしょうか。タバコに含まれるニコチンは、血管系に非常に悪い影響をおよぼします。タバコを吸うと気持が良くなると言われていますが、それは血管が縮んで、脳にいく血液の量が減るために、頭がボーっとするのです。タバコを吸うと仕事の能率が上がるという人もいますが、快適健康生活から考えますと全く逆なのですね。特に、狭心症や心筋梗塞など、血液の流れが悪くなって起こる病気では、タバコは命取りになるといっても過言ではありません。

しかし、人間は、ただ健康のため(病気にならないため)に生きているのではないと思っているのです。快適健康生活ができているのであれば、周りの人に迷惑をかけていないのであればそれほど大きな問題だとは思っていません。

健康ブームとかダイエットブームであっても、決して快適健康生活のためにブームに踊らされることがないようにしっかりと自分をみつめてください。快適健康生活のためには、単に健康に良いか悪いかではなく、どういう生き方をしていくのかをしっかりと気付くことが大切なのですね。快適健康生活の本当の意味をあなた自身が持って欲しいのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。