ドクター・ショッピングの注意点

ドクター・ショッピングの注意点
質問に答えてくれるかどうか。その時点で別の医師を受診すると、検査も最初からやりなおす事になりかねません。医師の方も言ってくれないと気づかない事がありますし、何よりも治療の信頼関係を築くためには、コミュニケーションが重要です。きちんと説明してくれるかどうか。

「なぜ、この薬が必要なのか」「効かない場合どうしたらいいのか」といった質問をぶつけてみましょう。また、医師のやり方が異なるため、かえって、混乱を招き、どの治療が有効なのか判らなくなってしまうこともあります。をしっかりチェックして、自分にとってベストな病院をしっかり持つようにしましょう。アトピーの原因は、1つではないので、今まで効いていた薬でもストレスなどで効かなくなることもあります。

薬が効かない場合、医師を替える前に、まず、素直に聞いてみた方がいいと思います。話を聞いてくれるかどうか。専門のドクターがその専門分野の知識・技量が充分であることは大前提ですが、治療で一番大切なのは、コミュニケーションが取りやすいことであったりするのです。湿疹がよくならないので、かかりつけの医師を次々に替えてしまうことがよくあります。

「あせらない」ためには、冷静になって、できるだけ、医師に疑問に思う事を素直に聞いてみましょう。結果的に「後医は名医」で改善されればよいのですが、前医の治療やこれまでの治療履歴がはっきり分からない場合は、同じ治療をゼロから繰り返されてしまう可能性もあります。長引く症状…医師への上手なかかり方素直に何でも聞いてみましょう!きっと答えてくれます ドクターショッピングをしている人もそうでない人も、基本の受診方法は同じです。ドクター・ショッピングの注意点アトピーなどで問題になるのが、「ドクター・ショッピング」。

ドクターショッピング?

ドクターショッピング?
症状がなかなか取れないので、別の医療機関に行くと、「前の医師の薬を飲んでもよくなりません」という話になります。その時点では、最初の症状が2週間以上続いているので、「風邪にしては長いので、アレルギーの可能性がありますね。」と言われます。今回は、後から診察する医師が有利といわれる理由と、病院を転々とするドクターショッピングを起こしがちなアレルギー治療の注意点について、ご紹介します。症状の出始めに医療機関を受診すると、最初は「風邪ですね」と言われてしまうかもしれません。

「後医が名医」といわれる大きな理由だと考えられます。ところが、風邪薬を1週間飲んでも、全くよくならない場合、別の医療機関を受診する人が多いと思います。正確な診断には、診療のタイミングが重要ですので、時間の経過によって、どのように変化し、変化しないのかを、まずしっかりと把握しておきましょう。なかなか症状が改善されない分、アレルギーやアトピーがある時には、複数の医師を転々とする「ドクターショッピング」を行う人も少なくないようです。アトピーの場合も、最初「ただの湿疹です」と言われて、塗り薬を塗っていたのによくならず、別の医療機関に行くと、「これはアトピーです」と言われてしまうケースがあるようです。

「後医(こうい)は名医(めいい)」という言葉をご存じでしょうか? 後から診察した医師の方が有利であるということです。その症状の流れが見ることができるのは、後から診た医師になるわけです。病気を診断するには、症状も大切ですが、経過観察で分かることがたくさんあります。前の医師で使われている薬は効かない訳ですから、「では別の薬を出します。治療するときも後ほど有利?診察と同じことが、治療についても言えます。

検査しましょう」という話になりやすいのです。いつから症状がでているのか症状はだんだんひどくなっているのか症状は、少しは軽くなっているのかといった時間の流れに沿った症状の変化も大切です。少し、論理的になってきて、難しいかもしれませんが、後医が名医といわれるのは、「後出しジャンケン」のような要素が深いかもしれません。後から診療した医師には、最初の時点で「効かない薬」だけははっきり分かっているので、別の薬を使うことで、より効果的な治療できるわけです。後医の診断は間違えにくい?最初に診察時に、患者さんは様々な問診・診察を受けます アレルギーの病気は、最初は、咳、鼻づまり、鼻水のような「風邪かな?」といった症状から表れることが多いようです。

ストレスに強くなろう

快適健康生活ではストレスに強くなる必要がありますね。私達の身の回りには、いろいろとこころとからだの健康によくないものがあります。職場にも、家庭にも、もちろん自分自身の心の中にもあります。いわゆるストレスです。ストレスに強い生き方をしないと、なかなか生き生きとは生きてゆけません。

からだに有害な影響を及ぼすものは全てストレスです。暑さ寒さもそうですし、人と人との関係からくる心理的なもの、病気があることもストレスになりえます。しかし、一方で、外からの適当な刺激がないと、人間は生きていけません。その刺激が悪いほうに働くとストレスになるのです。

刺激のない世界にいると、人間はボケてしまいます。会社を定年になって、やれやれと思ったとたんにボケてしまう人はたくさんいます。常に刺激を受けていることは、非常に大切なことなのです。

ストレスは、いろいろな病気を引き起こします。胃潰瘍や高血圧、糖尿病の原因のひとつにもなります。その人の持っている体質によって、病気の出方も変わってきます。ストレスの大きさを測ることはできません。同じ人に対してでも、あの人とはやっていけないと思う人もあれば、そんなに苦にならない人もいると思います。

だからストレスは、それ自体よりも、受け止め方によって大きく変わるのですね。受ける人がストレスと感じるか感じないかが問題なのです。私は、ストレスを感じないのではなく、感じながらも受け入れられることが大切だと思っています。

佐藤しのぶ

快適健康生活を考える上で、数年前に紅白歌合戦に出場した佐藤しのぶさんという声楽家がいました。佐藤しのぶさんは、他の歌手が当然のようにマイクを握って唄っているのに佐藤しのぶさんは、マイクなしで浪々と、しかも本当によく通る声で歌っていたのですよね。

佐藤しのぶさんに限らず声楽家はからだ自体が楽器としての役割をするのですから、太っていないとだめなのでしょうか。イタリアのオペラ歌手での女性をみていると太っている人が多いように感じています。

快適健康生活をおくるためには単に健康とか、ダイエットとか、スタイルが良いなどが問題になるのではなく、本当に必要な体を作って維持をし快適健康生活を目指す必要があるのかもしれません。

佐藤しのぶさんにとっては、仕事のために、あるいは美しい声で気持のよい歌を多くの人に聞かせるために太っていることは当然のことであり、太っていることが大切なのでしょうね。このように仕事のために太っている人にとっては、成人病になるとか、命が短くなるとかは、あまり関係ないようですね。快適健康生活のためには当然健康は大切ですが、健康が人生の目的ではないのですよね。私もあなたも天から与えられた寿命を、いきいきと生きる方が大切なのです。

生きがいのない健康な生活って本当に楽しいでしょうか。生きる目的をしっかりと持って本当の意味での快適健康生活を作り上げましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。